【もう迷わない】M5Stickシリーズの仕様を完全解説(全4種類)

m5stick-type
M5Stickの種類

自分にあったM5Stickってどれだろう

こんにちは、クマベです。
この記事では、M5Stickシリーズの種類や仕様を解説し、選び方のポイントについてご紹介します。
選ぶときの助けになれば幸いです。

M5Stackとは?
m5stack-core2
M5Stack Core2 IoT開発キット
m5stack-core2-inside
M5Stack Core2 IoT開発キット(中身)

深センのスタートアップ起業が開発した「M5Stack」は小型のマイコンボードです。

5cm✕5cmのコンパクトな筐体の中に、マイコン、液晶ディスプレイ、ボタン、バッテリー、スピーカ、I/Oなど様々な機能が盛り込まれています。

ESP32というマイコンが組み込まれており、Wi-FiやBluetoothによる無線通信なども可能です。

2017年にM5Stackが登場し、その扱いやすさから人気を獲得し、M5Stackを使うユーザーが急激に増えています。

趣味や教育としてはもちろんのこと、実用的なIoT開発をする際にも使われています。

M5Stack公式ページ引用

目次

M5Stickの位置づけ

M5Stackシリーズの種類

m5stack-series-type
M5Stackの種類

M5Stackシリーズの種類は大きく6つに分けられます。
なかでも液晶付きでサイズがコンパクトな「STICK」シリーズは根強い人気があります。
長方形の筐体に「液晶」や「マイク」をはじめとする様々なモジュールが組み込まれています。

本記事ではそんな「STICK」シリーズを徹底解説していきます。

STICKシリーズの仕様一覧

スクロールできます
項目CC PlusVT2
写真 注1m5stickcm5stickc-plusm5stickvm5stickt2
CPU240MHz dual core240MHz dual core400MHz dual core240MHz dual core
Flash4Mバイト4Mバイト16Mバイト4Mバイト
RAM520Kバイト520Kバイト8Miバイト520Kバイト
PSRAM
電源5V @ 500mA5V @ 500mA5V @ 500mA5V @ 500mA
ポートType-C
I2C
I/O
UART
Type-C
I2C
I/O
UART
Type-C
I2C
I/O
UART
Type-C
I2C
I/O
UART
液晶80 ✕ 160135 ✕ 240135 ✕ 240135 ✕ 240
スピーカブザー
マイク 注4
カメラ0V7740
IMU6軸6軸6軸6軸
ボタン2222
カードスロット1
Wi-Fi
Bluetooth
その他機能赤色LED
赤外線送信機
赤色LED
赤外線送信機
赤色LED赤外線
サーモグラフィ
バッテリー95mAh120mAh200mAh300mAh
製品寸法[mm]48.2 ✕ 25.5 ✕ 13.748.2 ✕ 25.5 ✕ 13.748 ✕ 24 ✕ 2248 ✕ 30 ✕ 29
正味重量15.1g15g23g26g
発売日 注22019年6月2020年7月2020年9月2021年8月
参考価格 注32,816円3,696円7,623円82,335円
M5Stickシリーズスペック一覧

注1:M5Stack公式ページ引用
注2:Switch Sience 公開日
注3:Switch Science 8月20日時点
注4:製造タイミングによってマイク搭載と非搭載あり

M5StickVはカメラがついているため「Camera」シリーズの分類にも入ります。

M5Stickの種類の選び方

M5Stickの選定にあたり、下記のようなフロー図をご用意しました。

早見表

m5stick-select-menu

M5Stickの選び方

選び方の注意点

2022年8月20日時点で、「M5StickC」は在庫切れかつ入荷の予定がないため、今後の入手性は良くないと思われます。

ただし「M5StackC Plus」は「M5StickC」の完全上位互換品です。
画面サイズが大きい、バッテリー容量増加、ブザー機能追加などが加えられています。

また「M5StickT2」には、1世代前の「M5StickT」が存在していたのですが、公式ページからは消えていたため、完全にT2にシフトしていると思われます。

M5Stickの入手方法

M5Stickの入手は、「Amazon」もしくは「SwitchScience」で購入するのが一般的です。

Amazonは一部取り扱っていない製品もありますが、送料無料やPrime会員特典といった部分で便利です。
Swich Scienceでも8,000円以上の購入であれば送料が無料になるため、2つ以上買う際には問題ありません。

M5Stickの紹介

各M5Stickごとの特徴や選定方法について詳しくご紹介します。
※参考価格はSwitchScience8月20日時点の価格です

M5StickC

m5stickc
M5StickC

・ESP32ベース(Wi-Fi・Bluetooth対応)
・マイク、ボタン、IR送信機内蔵
・液晶は0.96inch(80 ✕ 160)
・6軸IMU(3軸加速度+3軸ジャイロ)
・バッテリーは95mAh(製造時期によって異なるため都度確認が必要)
・参考価格:2,816円

M5Stickの旧スタンダードモデルです。
最低限の機能ですが、IoT開発やプログラミング学習に活用可能です。
予算さえあれば「M5StickC Plus」ほうが安心です。

こんな人におすすめ!
・価格を少しでもおさえたい人
・最低限の機能で充分な人

・Amazon取り扱いなし
SwitchScience

M5StickC Plus

m5stickc-plus
M5StickC Plus

・ESP32ベース(Wi-Fi・Bluetooth対応)
・マイク、ボタン、IR送信機、ブザー機能内蔵
・液晶は1.14inch(135 ✕ 240)とワイドサイズ
・6軸IMU(3軸加速度+3軸ジャイロ)
・バッテリーは120mAhと大容量
・参考価格:3,696円

M5StickCがリニューアルして、機能が大幅に強化されたな「M5StickC Plus」です。
高スペックで新しいアイデアが出てきても対応できます。
USB Type-Cケーブルが付属していないため、その点は注意が必要です。

こんな人におすすめ!
・いろんな機能を使ってIoT開発・プログラミング学習したい人
・スペックが足りないことで後悔したくない人

Amazon
SwitchScience

M5StickV

m5stickv
M5StickV(マイク搭載版)

・Kendryte K210搭載のAIカメラで画像処理を実現
・16Mバイトのフラッシュメモリ+8MiバイトのSRAMと大容量
・スピーカ、マイク、カメラ、6軸IMUなど豊富な機能
・液晶は1.14inch(135 ✕ 240)とワイドサイズ
・バッテリーは200mAhと大容量
・参考価格:7,623円

高性能なニューラルネットワークプロセッサ(KPU)が使用されてます。
低コストかつ高いエネルギー効率で画像処理を行うことが可能です。
Audio Processorを内蔵しているため音声認識もできる魅力的な製品です。

こんな人におすすめ!
・画像処理や音声認識にチャレンジしてみたい人
・カメラをベースにマイコン開発を試してみたい人

Amazon
SwitchScience

M5StickT2

m5stickt2
M5StickT2(Lepton3.0)

・ESP32ベース(Wi-Fi・Bluetooth対応)
・Lepton3.0 長波赤外線(LWIR)カメラコア採用
・液晶は1.14inch(135 ✕ 240)とワイドサイズ
・6軸IMU(3軸加速度+3軸ジャイロ)
・バッテリーは300mAhと大容量
・参考価格:82,335円

小型の赤外線サーモグラフィーカメラで広い範囲の温度測定が可能です。
鮮明な画像がおよそ7fps以上のレートで出力できます。
他の製品に比べて価格が高いので、その点注意は必要です。

こんな人におすすめ!
・サーモグラフィーを試してみたい人
・温度測定の装置を開発したい人

・Amazon取り扱いなし
SwitchScience

おわりに

本記事では、M5Stickの仕様一覧・選び方について解説しました。

3,000円代から本格的なIoT開発にチャレンジできるので、素晴らしい時代ですね。
ただし沼にはいってしまうと、あれやこれやと欲しいものが増えてきます。
ぜひ実用的なシステム開発趣味の電子工作IoT開発の学習などに使っていきましょう。

あなたのM5Stick製品選びの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次